東京都台東区上野の吉野眼科クリニック 当院紹介 院長紹介 交通案内 診療時間 初診の方へ 問い合わせ 外来担当医表
オルソケラトロジー外来
東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6F

寝ている間だけコンタクトレンズを装用
朝、レンズを外して、日中は裸眼で過ごすことが可能になるオルソケラトロジー

オルソケラトロジー(以下オルソK)とは、特殊なハード・コンタクトレンズを夜寝ている間に装用することで、日中は視力が回復し裸眼で過ごせるようになる新しい近視矯正法です。レーシック手術とは異なり、オルソKによる矯正効果は可逆的です。
そのため、装用を中止すれば、数週間で元の近視の状態に戻ります。つまり、レンズを睡眠中に装用し続けることで、日中は裸眼で過ごすことができるというものです。コンタクトレンズ装用による不快感、不便さの解消が期待されます。当院が行っているオルソケラトロジー処方プログラムと費用についてはこちらをご覧ください。


オルソKは、2002年に米国FDAにより医療用具として承認を受け、その後世界各国に普及しています。日本では、2009年4月に厚生労働省により、その効果と安全性における有用性が評価され1社が承認を受けました。

 当院では2001年3月、日本で最も早い時期より、医師の裁量権の元オルソKの処方を行って参りました(厚生労働省の治験期間中は除く)。院長吉野はオルソKの治験においてメディカルアドバイザーや、日本コンタクトレンズ学会のオルソケラトロジーレンズ臨床試験施設委員会委員長を兼務するなど、オルソKの効果と安全性の客観的な評価に取り組んできました。

また、わが国のコンタクトレンズのエキスパートの先生方に協力をいただき、オルソKのバイブルと呼ばれる教科書「オルソケラトロジー原理と実践(Orthokeratology Principles and Practice)」を監訳し、日本における正しいオルソKの知識の普及に努めてまいりました。



オルソケラトロジーのメカニズム

 

 オルソケラトロジーは、特殊なハードコンタクトレンズを使用するのですが,通常のコンタクトレンズと違い夜寝ている間だけレンズを装用します。特殊な形状をしたレンズの裏面で角膜を圧迫することで,角膜のカーブを変化させます。


オルソケラトロジーに用いられるレンズは内面に特殊なデザインが施されており、レンズ下涙液の圧の変化により角膜形状を変化させ、一時的に近視・乱視を軽減します。酸素透過性の高い素材を使用しているので、劣化や汚染が無ければ、寝ている間にコンタクトレンズを装用することで起こりうる酸素不足の心配はありません。





<その他よく頂く御質問>


どの様な人が使用できますか?

基本的には,中等度(−4D)までの近視が適応範囲となります。


小学生に対するオルソケラトロジー処方について

 オルソケラトロジーには、近視の進行を抑制する効果があると一部で言われており、諸外国ではOrtho-Kは大人だけでなく子供にも処方されています。しかし、この近視抑制効果の医学的根拠は、現在のところ明確にされておりません。子供の近視の進行を止めたいという親心も理解できますが、特に、視機能の発達が未完成な10歳以下の子供に対して安易にオルソケラトロジーを行う事は危険を伴うという事を十分にご理解下さい。日本では、今後の臨床データの蓄積と結果により、年齢に関する適応の変更が検討される可能性はあるものの、現時点でのコンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドラインにおける適応年齢は、20歳以上となっています。当院では、倫理委員会のもと医師主導臨床研究という形で20歳未満の方への処方を準備検討中です。



コンタクトレンズを着けたままで眠ることは、危険ではないのですか?

ハードコンタクトは酸素透過性が非常に高いものであれば連続装用(寝ている時も付ける)が可能とされております。オルソケラトロジー用のレンズ素材は,連続装用が可能な高酸素透過性を有していますが、長期的な評価はまだ明らかにされていない部分もあります。しかし、酸素不足の裏づけとなる角膜内皮細胞数の減少を報告した論文は、現在のところありません。



いつ、レンズを着けるのですか?

眠る前にレンズを着け,朝起きたら外します。目標は朝起きてから寝るまでの間、眼鏡やコンタクトレンズなしで,一日を過ごせることです



近視軽減効果はどれくらい続きますか?

個人差はありますが,起きている間、また場合によっては24時間〜36時間程度効果が持続します。



どれくらいの頻度でレンズを付ける必要がありますか?

大部分の患者は、毎日夜寝る前にレンズを付ける必要があります。
中には一日おきにレンズを付けることで近視の軽減(正視化)が可能です。

レンズの寿命は,どれくらいですか?

だいたい2〜3年ぐらいです。

視力は突然元に戻ってしますのですか?

就寝時のレンズ装用を中止した場合,徐々に元の近視に戻っていきます。最終的に元の角膜カーブに戻るのは2週間〜1ヶ月程度です。



初めてレンズを着けてから,どのくらいで効果が現れて来ますか?

近視度数の軽減は,次の日から現れ,1週間〜2週間で目標の視力に到達します。しかし、いかなる処方変更を行っても目的裸眼視力を達成できないケースも存在します。
使い始めの視力が安定しない時期は,使い捨てレンズをお使いいただくことにより日常生活が可能です。



どの様な手順で処方が行われるのですか?

はじめにオルソケラトロジーが適応となるかどうかの検査が必要です。近視の度数,眼病の有無,角膜の状態,涙液の検査等で問題が無ければ,その場でトライアルレンズを装用します。角膜形状に合ったテストレンズを選んだ後,一時間トライアル装用を行い評価します。





東京都台東区上野の吉野眼科クリニック
吉野科クリニック
tel 03-3839-5092
TOPページへ

当眼科の紹介当院長の紹介交通アクセス診療受付時間初診の患者様お問い合わせ
レーシック外来ドライアイ外来眼精疲労外来白内障手術外来眼瞼痙攣外来コンタクト外来
シェーグレン症候群オルソケラトロジー飛蚊症/眼底検査ボストンレンズ


Copyright(C) 2000-2009 吉野眼科クリニック All Rights Reserved.