ブログ相談室

涙が出て困る流涙症、鼻涙管閉塞症

2007年3月30日

●●様:お返事遅れ大変すいませんでした。以下@でお答えします。

都道府県 = 神奈川県

性別 = 女性

年代 = 20代前半

内容 = 4,5日前から右目の涙が止まらず、心配になり先日眼科へ行ってきました。眼科では「注射器のようなもので涙点から生理食塩水を流す」という治療を行いました。先生から「3,4日に1回通院をして同じ治療をしましょう」と言われました。帰ってから涙はすっかり止まったので「今後もこの治療を何度かしていけばよいだろう」と思っていました。しかし、インターネットなどで調べて見ると「シリコンを通す手術や、新たに涙官をつくる手術を行なわなければ改善はしないだろう」というものを拝見してしまい不安でたまりません。以前「逆さまつげ」の手術をしたことがあり、その際麻酔注射でかなり痛い思いをした経験があるので、どうしても手術だけはしたくありません…手術をしなければ改善はありえないのでしょうか。

@「注射器のようなもので涙点から生理食塩水を流す」という治療を「涙嚢洗浄」といいます。鼻涙管にシリコンチューブを挿入留置する手術は鼻涙管が完全に閉塞してこの涙嚢洗浄が不可能な場合に行う手術です。従ってあなたの場合は涙嚢洗浄にて涙の鼻腔への開通が確認されましたで鼻涙管シリコンチューブを挿入術を行う必要はありません。吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092,FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

カレンダー
2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.