ブログ相談室

強度の遠視の方からのご相談

2007年5月31日

●●様:お返事おくれすいません.以下,@でお答えいたします.

お名前 = ●●●

都道府県 = 北海道

性別 = 男性

年代 = 40代前半

内容 = はじめまして、宜しく御願い致します。私は幼少の頃より強度の遠視もつ者です。小さい頃はさほど凹凸レンズのメガネをかけることには抵抗は無かったのですが、思春期に入るとメガネが嫌で嫌で、無理をして裸眼で学校に通ったものです。コンタクト等もしてきましたが、ハードレンズしか使用できず、いつも、イズイ状態で生活をしてきました。大人になりある程度、貯蓄も出来、3年前にレーザー治療により、回復手術を行ないましたが、結局は視力の出ないまま今日まで来ています。何とか、裸眼になりたい、イヤ、せめて、皆に馬鹿にされないメガネでもいいくらいに回復したいと何時も考えています。ここ最近、オサート治療、フェイキックという新しい可能性のある治療法が話題になってきていますが、はたして視力回復につながるのか、もしくは以前のように治療を受けても変化が無いままになってしまうのかと、色々と考えてしまいます。少しでも可能性のある治療法にかけてみたいと思っています。私のような目の者でもフェイキックを受けることは可能でしょうか?1.2,1.0などと、おこがましい事は申しませんせめて、0.8程度の視力をでもかまいません。

@前回の屈折矯正手術後に視力がでないとおっしゃるのは裸眼視力のことでしょうか?今の状態で眼鏡で矯正すれば視力の向上があるのであれば,さらにICL(フェイキックIOL)で視力を向上させることは理論的には可能です.しかし,挿入する眼内レンズの度数の決定には詳細な検査と,できれば前回手術した時の術前データがあった方がよろしいかと思います.吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092,AX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

お忙しいのに、ご丁寧に回答していただき感謝しております。ありがとうございました。一度、先生の病院の門をたたかせて頂きたいと思っております。ちなみに遠視の度数は+10といったところです。また、裸眼で視力が出ていないとの事でした。一日でも早く先生に御会いできたらと思っております。ありがとうございました。

カレンダー
2021年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.