ブログ相談室

飛蚊症/光視症/眼底検査

2007年9月14日

●●●●様:以下@でお答えします.

>> お名前 = ●●●●

>> 都道府県 = 大阪府

>> 主なご住所 = 豊中市

>> email = ●●●●●●●●

>> 性別 = 女性

>> 年代1 = 20代後半

>> 内容 =お忙しいところ、急なメールで失礼いたします。治療方法で迷ってしまっているので、アドバイスいただければ幸甚です。左目のまぶたの炎症と、左上部の視野に若干違和感のようなもの?暗くなる?ような症状が出たので眼科を受診しました。炎症の治療とは別に「網膜に穴が空きかけている。網膜はく離になってしまってからでは遅いので、明日レーザー手術をしましょう」と言われました。私は三年前から飛蚊症なのですが、飛蚊症になったときにはそのようなことは言われなかったので驚きました。不安になり、別の眼科を再度受診しました。眼底を見て写真をとり、「確かに薄くなっているところはあるけれど、そんなにひどい穴は見当たらない。穴が空いてからレーザーを打っても遅くないので、僕ならレーザーは打たずに様子を見ます。昔なら僕もレーザーを打っていたけど、打った衝撃で他の部分に穴が空いてしまう恐れがあるので最近はやらない方向にしています。でも、今、予防的にレーザーを打つという判断も間違いではないし、やって悪いわけではない。このへんは医者の間でも見解が割れてるんですよ」と言われました。私としてはできれば何もしたくはないのですが、手術を見送って定期健診だけで様子を見るという方法でも大丈夫でしょうか。コンタクトレンズをレーザー推奨派の医師につくっていただき、わりと調子がいいので今後もその眼科での受診は続けたいと思っているのですが。 

@網膜の状態を直接見ていないので,その点に関しては不明ですが,もし,お書きになっている状況が正しいのであれば私の見解も後者の先生と同様です.レーザーを受けても受けなくてもどちらの選択もありという程度の状況で,レーザー治療をご本人としては受けたくないのであれば,少なくとも定期検診は受けるということは必要でしょう.また飛蚊症が今よりも増えたり,光視症といって暗いのにピカッと稲妻のような光を感じるようなことがあった場合には,すぐ受診し眼底検査を受けるといったことに気をつける必要があります.

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

****************************************************

カレンダー
2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2020 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.