ブログ相談室

ヘルペス性のブドウ膜炎

2008年2月6日

●●様:

当院,「ぶどう膜」を専門にしている吉田医師からお返事いたします.

>> お名前 = ●●●●

>> 都道府県 = 神奈川県

>> email =●●●●●●@docomo.ne.jp

>> 性別 = 男性

>> 年代1 = 20代後半

>> 内容 =はじめまして、●●●と申します。

>> このたび姉がヘルペス性のブドウ膜炎かかってしまいました。片目だけです。現在は第三医療機関に入院して1週間ほど経過しています。当初は目が充血していましたが入院してからは充血はなくなりました。インターネット等で調べたら3分の1の確立で両目に転移し、4分の3の確立で網膜はく離→義眼になるということでしたが正直なところどうなるのでしょうか?また今後はどのような経過をたどるのでしょうか?抽象的な質問で申し訳ないのですが教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

@ヘルペス性のぶどう膜炎といっても、ヘルペスの種類やぶどう膜炎の種類はさまざまなので、一概には言えません。軽症なものもあれば、重症なものもあります。一番重症なものとして、急性網膜壊死があげられます。急性網膜壊死は、現在でも治療の難しい疾患ですが、治療法は確立されてきており、比較的良好な結果がでております。また、他眼へも発症することは確かにあります。しかし、抗ウイルス薬などの適切な処置をすることで、他眼への発症率は大幅に抑制されますし、発症したとしても、軽症ですむ症例も多いです。

 昔、ウイルスに対する治療薬がなかったため、ヘルペスのぶどう膜炎の予後は大変不良でした。しかし、現在は、診断が正しくされ、治療を適切にされれば、まったく元通りというわけにはいきませんが、ご指摘のような経過をたどることは、ほとんどありません。とりあえず、しっかりとした診断がついているようなので、安心していいと考えられます。

吉田和秀

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

**********************************************

カレンダー
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2020 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.