ブログ相談室

向精神薬とレーシック適応

2008年3月2日

●●様:

>> お名前 = ●● ●●

>> 都道府県 = 東京都

>> email = ●●@nifty.com

>> 性別= 女性

>> 年代 = 30代前半

>> 内容

>> =私は現在向精神薬を服用しておりレーシックは受けられないといわれました。向精神薬をどの程度期間中止すれば受けられるのでしょうか。以前向精神薬を使用していて現在使用していなければ現在使用している薬として申告しないと思うのですがその場合もどうなるのでしょうか。ちなみに使用している薬はベゲタミンBです。よろしくお願い致します。

@レーシックと向精神薬の問題は以下の3点にあるでしょう.

1)向精神薬とエキシマレーザー照射が反応して,角膜に混濁をきたすお薬がある.

2)向精神薬の中には調節に影響を与えるお薬があるため,正確な手術矯正量が得られず術後の目的度数に誤差が生じやすい.

3)向精神薬を内服する状態は,非常にナーバス(神経質)な状態であるため,術後視力が安定するまでの間(術後3~6ヶ月程)の不具合,たとえばドライアイや視力の不安定さ等に対し過剰に不安になり,場合によってはパニックになることが稀にあります.

以上から,向精神薬を内服している人に対するレーシックは敬遠されるのだと思います.これは全く私見ですが,5ヶ月程内服を休めばその影響も少なくなっ ているのではないかと思いますが,逆に内服を止めれば本来の持病が悪化し,それはそれで安定した術前検査データが得られないというジレンマがあります. 最終的には持病の程度と内服を止めれるのかということにかかってくるではないでしょうか?クリアーなお答えにならずに大変申し訳ございません.

レーシック(屈折矯正手術)については,画面左欄外の「●カテゴリー」内「レーシック」を御参照ください。

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

**********************************************

カレンダー
2023年1月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2023 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.