ブログ相談室

網膜静脈分枝閉塞症

2008年12月5日

●● ●●様:

>> お名前 = ●● ●●

>> 都道府県 = 奈良県

>> 性別 = 男性

>> 年代1 = 40代

>> 年代2 = 後半

>> 内容 =

>> 初めまして。下記症状で発症しましたが、今後の治療方針に関して迷っており、ご相談申し上げます。1ヶ月前に右目に違和感があったため、眼科にて受診したところ、眼底検査で「網膜静脈分枝閉塞症」と診断され、投薬治療としてカルナクリンとアドナが処方されました。画像診断より、見えにくいのは「上方視野」だが、腫れが黄斑にかかっているのが問題との話でした。(マトリックスを見ると中心点も含んで左上方がゆがんで見えています。)視力は裸眼で0.04(乱視と近視のため、良いほうの左目も0.06です)、矯正視力が1.2です。2週間後の受診結果でも、網膜浮腫が変わっていないため、状態の良いうちに注射による治療を早くすることを勧められました。注射の種類は、保険適用の「ケナコルト筋肉注射」と適用外の「マクジェン」とのことです。「ケナコルト」は緑内障などの副作用があることと、効果のある人が30%程度であることから、本来の用途では無いが、腫れをひかせることに効果がある「マクジェン」の使用を勧められました。セカンドオピニオンを聞くために、別の眼科を受診しましたが、こちらの所見はまだ3週間なので1ヵ月後に再度検査をしましょうとのことでした。ま た、「マクジェン」に関しては、この病気には使用しないとの見解でした。最初の先生は、このまま投薬による経過を見ても、黄斑にかかっている腫れが良くない方向に行く可能性が高いため、注射を勧められており、治療方針が 大きく異なるため迷っております。先生のご意見を伺わせて頂ければ有難く。ご多忙の中、恐縮ですが、非常に迷っているため、ご教示頂ければ幸いです。

@網膜静脈分枝閉塞症を何もせずに静観しても良い結果を得られる可能性は低いと思います。黄斑浮腫が改善しないと判断したら硝子体手術を行うケースもあるくらいです。1ヶ月静観をするくらいなら、「ケナコルト筋肉注射」(←筋肉注射ではないと思います。テノン嚢下注射ではないですか?)や「マクジェン」の使用を行う方が有効だと思います。したがって前者のドクターの見解を支持します。

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

**********************************************

カレンダー
2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2020 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.