ブログ相談室

コンタクトレンズで角膜内皮細胞減少

2012年11月15日

吉野先生、私の親戚で黒眼の細胞が減少しており原因がハードコンタクトであるといわれた女性がいます。先生に再度診察お願いしたいのですがどのようにさせていただければよいでしょうか?ご教授ください。

●●医大 ●●外来 ●●●● 杯

ご指摘の細胞とは、「角膜内皮細胞」のことをいい、角膜内面にシート状に1層存在する細胞群のことを指します。角膜実質からの水分を吸い出すポンプ作用を担っている細胞で、通常2800cells/mm2以上が正常値といわれており、500cells/mm2以下になると角膜は浮腫を呈し視力障害の原因となります。一度減少した細胞は再生致しません。眼内手術や酸素透過性の低いコンタクトレンンズの長期装用、コンタクトレンンズの杜撰な使用により減少しますが、コンタクトレンンズが原因でこのレベルまで減少することは極めて稀です。しかし、将来の白内障手術等の眼内手術を行う際、術後成績に影響が出る可能性は否定できません。

いずれにせよ、一度私の診察日に私を指名してご来院ください。私の診察スケジュールは、以下のHPをご参照ください。

https://www.yoshino-eye-clinic.com/shinryou.html

よろしく!

以下もご参照ください。

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120717-00025037-r25&vos=nr25msn0000001

カレンダー
2021年2月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.