ブログ相談室

レーシックのご相談

2007年6月4日

●●●●様:以下@でお答えいたします

お名前 = ●●●●

都道府県 = ●●●

性別 = 男性

年代 = 20代前半

内容 = はじめまして。突然のメールで失礼いたします。レーシックに関しての質問です。宜しくお願いいたします。私は現在、××××××××××××××××××××務している23歳です。実は小さい頃からの所謂ド近眼でして、仕事中はハードコンタクトレンズで両眼とも1.2に矯正しています。これは×××として、視力が1.0以上必要なためです。仕事以外の家で過ごすときなどはメガネをしています。メガネは0.7弱ほどの矯正視力です。ただ屈折度がとても強度のものでして、ハードコンタクトレンズに関しましては、右が-9.50D、左が-8.50D。メガネは右-10.75D、左-10.25Dです。

@かつてはレーシックにより-12.00Dまでの近視が矯正されるといわれていましたが,最近では,やはりレーシックのような角膜を削る手術では,たとえ残存角膜の厚さの問題がクリアされても,強度の近視ではその削る量が多くなることより,削った中央部と周辺部との角膜形状のギャップにより術後の視力の質が落ちるとの報告もあり,-10.00D位が限界かとも言われています.当院でも過去に-12.00Dほどの最強度の近視の方にレーシックを施行し,十分に満足していらっしゃる患者さんは少なからずいらっしゃいますが,これについては診察当日に十分吟味しないといけません.角膜の厚さから元々無理な場合もありますし....レーシックが無理であればICL(フェイキックIOL)ということになります.

メガネをし出したのは小学3年、コンタクトは高校2年からです。更に、高校3年の就職内定後に糸くず状の飛蚊症があり、京都のとある眼科で眼底検査を受けました。診断は生理的なものであり、網膜には異常はないとのことでした。ただ、糸くずの数が増えたり、近視が極度に進行するようなことがあれば診察に来なさいと言われましたが、そういったことがなく今に至ります。

@網膜に異常がないかは,術前検査時に散瞳して必ず行います.

また、働き出してからは近視の進行が、自覚症状としてはあまりありません。実際はどうか分かりませんが・・・。ただ、これ以上進むと怖いな、という不安は常にあります。屈折度矯正手術には早い段階から興味があり、高校の時に色々と調べた経緯があります。今年は社会人6年目でして、手術費用も自分で負担できるようになり、真剣に自分の眼について考えるようになりました。最近になって手術費用もだいぶ安くなり、正直ビックリしました。その安さにビックリしたのが、●●●●クリニックのHPでした。院長のブログやサイト内で書かれている様々な話のクリニックであると推察いたします。『安さ』『症例数』などから鑑みて、「コレだ!」と思い、すぐに●●●●の検査予約をした愚か者の一人です。実は●日に検査を受ける予定です。そのため1週間前から仕事を休んでいます。これはメガネで1.0まで矯正すると立っていられない、そして検査前2週間がハードコンタクトレンズを装用できないためです。ただ吉野眼科クリニック様を知ってから、格安レーシックの怖さ、術後のケアーの大事さを教えられました。手術を受けて近視を治したいとの思いは人一倍強く、「今すぐにでも」とまで思っています。検査予約をした後、メールで何度も手術について質問したのですが、いまいち的を射た回答でなくかなりの疑念を抱いています。●日の検査を予定通り受けるべきでしょうか?検査結果でレーシック適合であっても、施術はキャンセルしようと思っています。

@おそらく,レーシック手術はできないといわれると思います.某クリニックは条件が厳しい症例には即,手術適応が無いといっているようです.おそらく,格安の手術料金でリスクを取るよりも簡単な症例をたくさん手術した方がよいという効率追求の結果と思われます.まあ,これは手術適応に慎重になっているということの裏返しですので某クリニックにとっても賢明かとは思いますが....

私の理想といたしましては、予定通り●日に検査を受け、その後吉野眼科クリニック様で精密眼底検査も含め術前検査を受けさせて頂きたいのですが、それは可能でしょうか?やはり眼のことですので慎重に行きたいと思っております。それが私にとっていい選択ならば、吉野眼科クリニック様で治療をしたいと思っております。誠に自己中心的な内容を長々と書いてしまい、申し訳ありません。以上、宜しくお願いいたします。

@おそらく某クリニックでも散瞳して眼底検査を行うでしょう.この場合3~4時間は瞳孔が開きっぱなしになるため,この間は生理的な状態での暗所での瞳孔径を計測することができなくなります.これは術後のハロやグレアのリスクを回避または予想する上で重要な検査です.某クリニックでの検査予約は午前でしょうか?そうであれば3~4時間経ったのち,午後に当院で検査することは可能です.もしご予約するのであれば,当院の予約は本メールを担当の▲(●●●),■■にCCで送っておきますので,その2名を電話にて名指しで呼び出し予約を取ってください.話が早いと思います.吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092,FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野健一様

さっそくお返事有難うございました。すぐに電話で●●日午後の検査を予約させて頂きました。●●日の午後にでもと仰って頂きましたが、ハードコンタクトレンズを外しているのが●日からでして、そういう理由で●●日になりました。よろしくお願いいたします。

確かに,当院のレーシック術前検査に際しては,ハードコンタクトレンズであれば3週間の装用中止を指示しております.これが大変で手術を断念なさったり,他院で手術なさる方がいらっしゃるのですが,文献的に,やはり3週間の装用中止が望ましいと考え当院では妥協せずにこれを貫いています.下記,追加質問につき@でお答えします.

Q,まだまだ近視が進行することはあるのでしょうか?また、パソコンの影響など所謂外部要因ではなく、その人の生まれながらに持っている遺伝子が原因で眼が悪くなるということはあるのでしょうか?

@可能性としてはありえます.最強度の近視(別名病的近視)は,おっしゃるとおり遺伝的な要因で近視が進行するもので網膜(黄斑部)に変性が起こり視力が低下するというものです.それらしき遺伝子も発見されていますが,単一の遺伝子で発症するのではなく,複合的な条件が揃って発症するようです.この最強度の近視に対する治療はお手上げですが,通常,手術前の元の近視にまで進行するということはありえません.

更に追加メール質問

●●様:以下@でお答えします.

吉野健一様:検査前の装用中止期間は施設によって様々なのですね。私も今月6日から外して10日間ほどになりますが、コンタクトレンズを使い始めて以来こんなに長期間もの間、外したことはありません。自分の感覚でしかないのですが、装用していた時に感じた就寝前の眼の重いような感じは軽減いたしました。大変お忙しい中、恐縮ではありますが、検査前にもう一点だけ質問致したくメールを差し上げました。ICL(フェイキックIOL)についてです。本来、検査を受けてもいないのにこの様にあれこれ聞き倒すのはナンセンスであると思いますが、一般論で結構ですのでよろしくお願いいたします。

Q,レーシックが近視を予防することにはならないのと同様に、ICL(フェイキックIOL)もそうなのでしょうか?

A,その通りです.

Q,また、これは私の誤認識と理解不足だとは思いますが、自身の今現在のICL(フェイキックIOL)の捉え方は、小さいソフトコンタクトレンズのようなものが眼に負担のない形で眼内に挿入されて視力矯正する。つまり、近視そのものの根本的解消ではないとの認識です。

A,メガネは眼前に凹レンズをかけて屈折の焦点を後ろに移動させ近視を矯正します.コンタクトレンズは角膜上に凹レンズを載せて,レーシックは角膜を切除することにより角膜のカーブを緩くして,ICL(フェイキックIOL)は凹レンズを眼内に入れて屈折の焦点を後ろに移動します.いずれも長くなった眼球の長さ(眼軸)を短くするのではなく屈折力を変えることにより焦点の位置をずらしているに過ぎません.角膜を切除することが無いといった意味ではICL(フェイキックIOL)は組織に不可逆的な侵襲はありませんが,一方で,反応性は無いに等しいけれども異物を眼内に入れるという点でICL(フェイキックIOL)には違和感(物理的ではなく感覚的な)があるかもしれません.

Q,もし、ICL(フェイキックIOL)の治療を受けた後、更に近視が進行した場合、その眼内に挿入したレンズを更に強い度のものに交換するようなことはあるのでしょうか?以前のブログでも書かれていた、レーシックとの併用の意味が今ひとつ理解できません。

A,レンズを入れ替えするほどの近視の進行があるとは通常思えませんが,一般的には近視進行に対するレンズ再挿入はあまりしないと思います.それよりも,その少ない変化や術後の残余乱視に対し,レーシックで補正することが可能です.この場合,矯正量が少ないためにレーシックが可能となるのです.ご質問のお答えとしては,目的に対してズレがある場合,それをレーシックで補うということです.ちなみにこの費用は,当院の場合無料です.

Q,また、ICL(フェイキックIOL)での矯正は、メガネやコンタクトレンズでの矯正のように見え方に「キツイ」や「しんどい」などの感じはあるのでしょうか?

A,挿入するIOLの度数にズレがある場合には,低矯正であったり過矯正であったりする可能性があります.

Q,まだ歴史の浅い治療法ではあると思いますが、そのレンズはどのくらいの期間使えるのでしょうか?コンタクトレンズのように寿命がありますか?

A,白内障に対する眼内レンズの経験から明らかなように,一生の期間大丈夫でしょう.つまり寿命はありません.

Q,最後に、レーシックのように両眼同時に治療できないのは、眼に負担をかけないようになどの理由でしょうか?もし自分がこの治療を受けると仮定して、片眼の手術からもう片眼の手術までの期間、左右の視力に大幅な差があるように思い不安です。以上、よろしくお願いいたします。●●●●拝

A,術後当日は眼帯です.両眼同時だと両目がふさがってしまいます.術後に眼圧が高くなる場合もありますし,やはり眼内にレンズを挿入する手術は白内障の眼内レンズ挿入術もしかりで片目ずつが大々原則となります.その場合,手術をしていない反対の目は,2~4週間後の次の手術まで,従来どおりのコンタクトレンズを装用してもらいます.これで左右差はなくなります.検査は既に済んでいるのでコンタクトレンズを装用しても良いのです.吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092,FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野 健一 様:お忙しい中、いくつもの質問に迅速丁寧に回答していただき、ありがとうございました。屈折矯正手術に対しての理解が少し深まったように思います。またブログは大変参考になることが多く、これからも定期的に拝見させていただきます。では●●日の検査、よろしくお願いいたします。取り急ぎお礼まで。 ●●拝

●●様:お返事遅れ大変すいませんでした。以下@でお答えします。

吉野 健一様:こんばんは。●●日、14時半からの術前検査を予約している●●●●です。先日は多くの質問に丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。さて、本日メールを差し上げましたのは、●●日に受けました●●●●クリニックの適応検査についてです。結果から申し上げますと、角膜の厚さから考慮して適応外ということでした。担当の医師は、「400μmほど残さなければなりませんが、395μmしか残せないので…。」と言っていました。実は問題はそれではなく、両眼とも視野に異常があり、緑内障の疑いがあるとの診断をされ、早急に大学病院等で検査を受けて下さい、と言われました。会社の視野検査で引っ掛かったことは無かったのですが…。危ないクリニックであるとはいえ、私は医者ではありませんので、そう言われれば検査を受ける他に選択肢はありません。そういうことで本日、京大病院へ検査を受けに行って来ました。今日の医師は紹介状を見て、「昨日の視野検査だけから判断すると緑内障の疑いがあるが、今日の精密眼底検査の結果から判断すると、緑内障ではない。」とのことでした。ただ、精密な視野検査もしてみないと分からないということで、来月●●日に再度来院することになりました。今日診て頂いた医師はレーシックについても触れ、「あまり急がない方がいいかもしれません。」と仰ってました。しかし、いろんな先生の意見をお聴きした上でよく検討したいと考えており、●●日の検査は予定通り受けさせていただこうと思っております。ただ、今の状況では7月中に手術をするのは日程的に厳しく、それ以降は仕事上更に厳しいため、どんな形で視力を矯正するにしても来年度に延期せざるを得ない状況です。緑内障の検査なども同時に診て頂けるなら嬉しいのですが、それは可能でしょうか?日を改めての検査であるなら、再度上京することも可能です。勝手な相談で申し訳ありませんが、以上よろしくお願いいたします。●●拝

@もちろん緑内障も同時にフォロー可能です。緑内障か否かの判断ですが,これは京大病院にもおかかりですし、「疑い」ということになる可能性もありますが、いずれ診断がつくでしょう。レーシックは術中に眼圧を相当高くする必要があるため,緑内障の方には行える手術ではありません。しかし、ICL(フェイキックIOL)はその限りではありません。いずれにしても急ぐ必要はありませんので、じっくりと作戦を練りましょう。吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10

風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092

FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.