ブログ相談室

エピレーシックorイントラレーシックorレーゼック

2007年10月23日

●●●●様:以下@でお答えします.

>> お名前 = ●●●●

>> 都道府県 = 大阪府

>> 主なご住所 = 大阪市●●●●

>> 性別 = 男性

>> 年代1 = 20代後半

>> 内容 =吉野先生:初めまして、大阪在住の●●●●と申します。お忙しいところ恐れいります。先生の事をmixiで知り、コメント等を拝見させていただき、先生の誠実な対応に感銘を受け、メールさせていただきました。さて、早速ではございますが、私、レーシックの治療を受けたいと思っており、以下の質問をさせていただきます。私は関西(大阪)の●●クリニックさんと●●眼科さんの初診検査を受診致しました。 その結果、●●さんは、エピレーシックを推奨され、●●眼科さんは、イントラレーシックorレーゼックを推奨されました。私の検査結果としましては、

 近視度数は両眼とも-7Dで、乱視度数は-1D

2 角膜は両眼とも、485ミクロン程度(これは、手術を想定して薄く見積もっているから、実際はもうちょっとあるかもしれないと言われました。)

 以上のような状況であり、上記の各医院において手術可能と言われましたが、大変悩んでいます。正直に言わせていただくと、上記の各医院とも、(あくまで私の直感ではあり、根拠はありませんが。)あまり、良い雰囲気を感じなかった事が原因で手術に踏み切れずにいます。

@鋭いですね!

>> そうこうしているうちに、mixiでいろんな方々の体験談等を読んでいるうちに、先生の記事にリンクし、読ませていただきました。表面には、出ていないレーシックの実態(後遺症等)がありのまま書き出されており、大変参考になりました。すみません。長々書いてしまいましたが、要するに、出来れば先生の医院で一度検査を受けたいと思っています。大阪在住なので、仕事の関係上、すぐに初診にいけないのがもどかしく、メールさせていただきました。私のおおまかな概要を書かせていただきましたが、初診を受けないとわからない事は重々承知しておりますが、現段階で貴院での手術は出来そうでしょうか?

 レーシックが難しいとなれば、他の手段はあるのでしょうか?お忙しいところ恐縮ですが、お時間のある時で結構でございますので、ご回答いただきたいと思います。貴院で、手術が不適応だと判断されれば、一生、眼鏡orコンタクトレンズで矯正して過ごそうかと思っています。宜しくお願い致します。末筆ではございますが、季節の変わり目で気温の変化の激しき折、くれぐれも貴院の皆様方、お体ご自愛下さいませ。今後、益々の貴院のご発展を祈り申し上げます。以上

@お若いのに,礼儀正しく丁寧な文章で感銘いたしました.さて,角膜は両眼とも、485ミクロン程度と500ミクロンを大幅に下回っていますので,フラップを作成するレーシックは適応がないと思います.従ってイントラレーシックは残余角膜厚が少なくなるためNGでしょう.そこでエピレーシックかレーゼックということになるのですが,エピレーシックもレーゼックも,近視度数ー7D、乱視度数は-1Dでは,暗所時瞳孔径にもよりますが結構な角膜実質の切除量になり,いずれも角膜実質切除後の残余角膜は限りなく薄くなる可能性があり不安です.最も安全でより確実な方法はICL(フェイキックIOL)だと思います.これは角膜を一切削ることがないため術後の視力の質はレーシックより良いことが分かっています.問題はその手術料,コストですが......

レーシック(屈折矯正手術)については,下記当院HPに加え,「はてなダイアリー 眼科医 吉野健一 ブログ相談室」http://d.hatena.ne.jp/yoshino8dr/ にアクセスし、画面左欄外の「●カテゴリー」内「レーシック」または「ICL(フェイキックIOL)」を御参照ください。

●●●●様:以下@でお答えします。

> 吉野健一先生:先日、レーシックについて質問させていただいた●●●●でございます。様々な業務でご多忙中、早々に返信メールをいただきありがとうございます。厚く御礼申し上げます。本当に吉野院長先生から直接のメールをいただけるとは思っていなかったので、非常に感激しております。さて、先生から、おおよその私の眼の状態においては、ICL(フェイキックIOL)が適応ではないか?というアドバイスをいただきましたが、この術式について以下質問させて下さい。大変恐縮ではございますが、宜しくお願い致します。なお、以下で質問させていただく事は、これから手術を検討する一患者として、真摯に吉野先生にお伺いしたいと感じている事項でございます。この点、予め申し添えさせていただきます。

1 ICL(フェイキックIOL)の挿入レンズにつき、吉野先生は、ご自身のブログ上で、「基本的に障害がなければ、一生レンズ交換不要である。」と述べられていますが、例えば、体内のタンパク質の沈殿等でレンズが曇ったり、レンズ自体が老化したりしないのでしょうか。

@眼内に挿入するレンズは、現在既に30年以上の歴史のある老人性白内障に挿入する人工レンズの実績に基づいたレンズ素材を用いておりますので,レンズ そのものの素材が問題になることはその実績から考えてないといってよいと思います。

2 眼内レンズを挿入する事で、緑内障又は白内障になりやすくなるという事は可能性としてあるのでしょうか。

@緑内障は前処置(レーザー周辺虹彩切除術)または術中処置(周辺虹彩切除術)を確実に行うことにより予防できます。また、白内障に関しては,元々近視が強い方は白内障になりやすい、またはその時期が早まるといったことが言われています。術中の操作が荒いと白内障になるリスクは増えますし,ICL(フェイキックIOL)にて白内障の発症の時期が早まるとの報告もあれば,そんなことはないという報告もあります.もし,白内障になった場合には,ICL(フェイキックIOL)は取り外し,白内障の手術(眼内レンズ挿入術)を行うことになります.このときにも調節力はなくなりますが近視を治すことができます.

3 錦糸眼科の矢作院長先生が、ご自身の著書において、フェイキックの問題点として、「感染によっては、眼内炎を起こし、最悪の場合は視力を失う。」 と他の術式(レーシック等)の問題点には挙がってこない「失明」の可能性をあげられています。これは、過去にフェイキックによって失明した実例があるという事なのでしょうか。また、失明の可能性のある術式なのでしょうか。他院の院長先生の記述を引き合いに出して質問するのは、大変恐縮ではございますが、非常に気になる記述でございます。

@過去にフェイキックによって失明した実例があるか否かは調べてみないと分かりません.しかし非常に低い確率ですが,可能性としてはありえます.レーシックは眼内に入らない術式ですので,眼内炎といった眼内に感染を起こす失明につながる合併症はまずありません.しかし,レーシックでもフラップ下に感染すれば重篤な合併症となりますし,フラップのトラブルで失明にまでは至らなくも,ぼけた状態で落ち着くといったことも起こりえます.最近の報告では,特に近視の強い人では,術後の視力の質はICL(フェイキックIOL)の方がレーシックよりも良いというものもあります.確かにICL(フェイキックIOL)は,眼内にレンズを挿入しますので,術中,術後に何らかの原因で眼内にばい菌が入れば眼内炎になる可能性も非常に稀ですがありえます.白内障の眼内レンズ挿入術で8000例から20000例に1例の確率で眼内炎が起こるといわれています.

4 貴院のフェイキックの手術の流れを貴院のHP上で拝見させていただきました。片眼ずつ1ヶ月の期間をおいて、手術されるようですが、思った以上に大変そうで、遠方(私は大阪ですが)からフェイキックの手術を受ける場合、やはり日程的に無理があるのでしょうか。要するに、会社を長期で休まないと両眼の手術は不可能なのでしょうか。

@たとえば,土曜日に手術をして,翌日診察(これは必須です)できれば,術後3~4日後の診察,不可能なら私の知り合いの大阪の眼科の先生に術後診察をお願いする.という方法で可能かもしれません.確かに遠方でいざというときに術者である私が診察ができないのは,決して望ましいことではありませんね.最後まで責任を持って診察したいものです.関西から日曜日に術後フォローにいらっしゃる患者さんもいらっしゃらないわけではありませんが,気の毒な気がすることも事実です.

また、片眼を手術し、もう片眼を手術するまでの1ヶ月間は、仕事は出来ない状況になったりするのでしょうか。手術後はすぐに仕事復帰できるのでしょうか。今まで、レーシックばかり考えていましたので、フェイキックの具体的な治療イメージが沸きにくく質問させていただきました。

@そんなことはありません.経過に問題がなければ,片眼の手術までの1ヶ月の間隔をもう少し短くすることも可能です.反対の目を手術するまでの左右差のある状況ではメガネはかけれませんので,コンタクトレンズをしていただきます.

5 フェイキックの手術後、バスケットボールのプレーは可能でしょうか。眼内レンズが衝撃で外れたりすることはあるのでしょうか。私、週末には、バスケットボールをプレーして生き抜きをしている都合上非常に気懸かりなところではあります。

@可能と思います.しかし,思いっきり眼球に衝撃を受けたら保証の限りではありません.しかし,その衝撃とは手術をしていなくても問題になるほどの衝撃ですが....

以上、5点、改めて質問させていただきます。あくまでも、先生のお時間の余裕のある時で結構でございますので、ご回答いただけたらと思います。私、手術をするならば、先生の医院で手術する事を決心致しました。ただ、仕事の都合上、時期は分かりませんが…。貴院は他院よりも確かに治療代について、少し高いようですが、「安心、安全、信用」はお金では買えません。ですので、良い時期がくれば是非、貴院で治療を受けたいです。また、やはり、人間の直感は大事なものである事を感じました。前回のメールで、「鋭いですね!」と先生に言われた事で余計に吹っ切れました。ありがとうございます。末筆で大変失礼ではございますが、今後の貴院のご発展を心より祈り申し上げます。それでは失礼致します。以上

吉野健一先生:

先日より質問をさせていただいている●●●●でございます。お世話になります。さて、非常に分かりやすいご回答をいただき、本当に嬉しい限りでございます。本当にありがとうございます。仕事の都合と予算の兼ね合いをよく考え、貴院にてフェイキックの手術を受けさせていただく方向で前向きに検討していきたいと思います。

私は、視力がずっと悪く、コンタクトの相性もあまり良くない事から、以前から視力回復(矯正)術に興味を持っていました。しかし、診察していただいた医院は、どこもどことなく機械的で、血が通っていない感じがしましたので手術を半ば諦めていました。でも、先生のお話を聞かせていただき、吹っ切れた同時に、先生のような医師がいらっしゃったことに、何か一種の安心感のような感情が湧き上がってきました。

最近は、特におかしくなってきているのか、本当の事が見えにくい世の中になってきている感があります。(これは何も、医療業界だけに限らずですが。私も法律関係の仕事をさせていただいている都合上、舞台と舞台裏のギャップが激しい事は承知しております。しかし、これではいけないと私はずっと思っております。)ですので、先生のように可能な限り、情報を開示していただけると非常に嬉しい限りです。また、できる限り本当の事を患者に伝えようとされるその姿勢が、私達の心に非常に伝わってくるので、この点が凄いと感じております。

若輩者の私ゆえに、何かと失礼な質問等があったかとは思いますが、ご容赦いただけたらと思います。先生の診察が早く受けられるよう、日程調整を進めたいと思っております。

本メールは、ご回答いただいた吉野先生にお礼の意味で出させていただいております。ですので、質問メールではございませんので、ご返信は結構でございます。毎回、お時間の無い中、本当にご返信いただきありがとうございました。心より御礼申し上げます。

それでは失礼致します。

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

****************************************************

カレンダー
2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.