ブログ相談室

涙プラグと近視矯正について

2007年11月28日

●●様:以下@でお答えします。

> はじめまして。●●(41才、女性)と申します。涙プラグと近視矯正について、先生のご意見を伺いたく、メールさせていただきました。ご回答は急ぎませんので、お時間のあるときにお願いいたします。

> 1)涙プラグについて。

(10年ほど前から●●●病院にて膠原病(全身性エリテマトーデス)の経過観察のため定期的に検査をしております。(ステロイド投薬歴はありません。)今年の初めより、ドライアイの症状(朝、目を開けるのがつらい等)が出現し、検査したところ、SS-A抗体が1倍と陽性で、「シェーグレンがあるかもしれない」と言われました。現在、ヒアレイン0.3%と涙点プラグで治療中です。)

 ご意見を伺いたいのは、涙点プラグが頻繁にとれてしまうことについてです。先週は、プラグ施術直後に病院内でプラグがとれたり、その後入れたもらったプラグも白目にあたり充血のためはずし違うメーカーのものをつけてもらいましたが、それも2日後にとれてしまいました。同じ目のプラグの不具合が3回もつづき、今回は医師に「角膜に大きなキズもないし、プラグなしで様子をみましょう」と言われました。涙点のサイズが、SとSSの中間で、ぴったりするものがなく、そのせいかとも思いますが、普通こんなに頻繁にとれてしまうものでしょうか?

@全身性エリテマトーデスに合併した2°シェーグレン症候群の可能性が高そうですね。確かに異物感が少ないのはSやSSサイズのトーメー社製プラグとの 印象があります。しかし、ご指摘のようにプラグ直径の選択幅が大きいため,大きすぎたり小さすぎたりしてうまくいかない場合も有りえます。しかし、そん なに頻繁に外れるのであればやはり小さすぎるのでしょう。拡張針を使いSSではなくSを入れることで解消できる可能性が十分考えられます。

> 貴院では、頻繁にとれてしまう患者さんにはどのように治療されていますか?

@それでも外れる場合は,『涙点焼灼』といって涙点を手術で永久に閉じてしまう方法があります。

> 2)近視矯正手術について

現在、節度をもってならば、コンタクトの使用を許可されていますが、-10Dと強度近視のため、近視矯正手術に関心があります。●●●にて、検査を受けたところ、角膜厚は平均(550程度)でしたが、近視が強く、レーシックでは、0.3くらいしか視力がでない可能性があるため、やるならラセック、または、フェイキックIOLと言われました。

 膠原病があるため、手術後の目の状態はもちろんのこと、何よりも手術が、膠原病(特に、SLE)に及ぼす影響(病気が悪化する)が心配です。近視手術とSLEの関係について、もし、データ等がありましたら、お教えいただければと思います。(●●●でも、屈折矯正専門の先生に質問してみましたが、症例が少ないためか、はっきりしたお答えをいただけませんでした。)

@当院では重症なドライアイを呈するシェーグレン症候群患者さんにレーシックを無事行っている実績があります。しかし、これはあくまで術前に十分にコントロールができることを確認することが条件です。ドライアイ治療を専門にする医療機関での手術をお勧めします。しかし、暗所瞳孔径にもよりますが,-10.0Dを超える近視の場合には確かにレーシックが不可能な場合もあります。ラーゼックはお勧めしません。

> また、フェイキックIOLは白内障手術の応用で似た手術のようですが、白内障の手術とSLEに関するデータはありますでしょうか。(白内障の手術のため、ステロイド投薬量が増えたとか、症状が悪化した等の報告はありますでしょうか。)こちらは、膠原病の主治医に次回の診察の際に質問してみますが、もし、ご存知でしたら、お願いいたします。

@眼内レンズ挿入術でSLEの病状が変化することはまず無いと思います。

>3)また、貴院でラセック、フェイキックIOLは受けられますか。

@ラゼックはお勧めしません。ICL(フェイキックIOL)は症例数も多くもちろん当院で手術可能です。

> また、多くの病院で、膠原病がある場合、レーシック、ラセックは禁忌ですが、フェイキックは禁忌でないとところもあります。術後の感染症、回復という面では、リスクは同じだと思うのですが、どうしてでしょうか。

@角膜を面状に切除するレーシック,ラセックと3~5mmの切開創から眼内にレンズを挿入する手術はコンセプトが全く異なります。膠原病の場合、角膜に大きな傷をつけることの方がリスクは高いと思います。ご検討ください。

> 一度の診察をしていただいたことがないのに、長々と、質問し、失礼をお許しください。ご回答は急ぎませんし、お時間の許す範囲のもので、結構です。よろしくお願い申し上げます。

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

—————————————————

Kenichi Yoshino, M.D.

1-20-10 Ueno, Fugetsudo Bldg. 6F

Taito-ku, Tokyo 110-0005 JAPAN

Yoshino Eye Clinic

TEL:+81-3-3839-5092, FAX:+81-3-3832-3730

LASIK CENTER URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

YOSHINO EYE CLINIC URL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

**********************************************

> 本日、涙プラグと近視矯正について質問させていただきました●●です。ご多忙の中、さっそく、ご丁寧なご回答をいただき、ありがとうございました。

> ラゼックとフェイキックIOLのリスクについては、明快なアドバイスありがとうございました。近視矯正については、真剣に検討しておりますが、持病もあるので、時間をかけ慎重に決めたいと思います。

> 私のシェーグレンの症状は今のところ、コントロールできていますが、もっともっと悪くなるのではないかと思うととても不安でした。これはシェーグレンの患者さんみなさんそうだと思います。そんな中、貴院のHPを拝見し、防腐剤や抗生剤の入っていない夜用の眼軟膏やlid hygieneの指導などの患者にやさしい治療、また、ドライアイでも安全に近視手術が受けられる可能性があると知り、不安が和らぎました。

> また、一度も診察を受けたことがないのに、多くの質問にお答えいただき、本当にありがとうございました。

> ●● ●●

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2022 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.