ブログ相談室

老眼とレーシック

2011年3月28日

●●様:

お返事遅れ大変すいませんでした。

> お名前 = ●●●●

> 主なご住所 = 渋谷区

> email = ●●●●@dol.hiho.ne.jp

> 性別 = 女性

> 年代 = 50代前半

> 内容 = HPを拝見させていただきました。 中学生の頃から近眼でめがね、大学生からコンタクトを併用。40代後半くらいから老眼になりめがねをとらないと近くが見えなくなってきました。そのため、日常生活でもすごく煩わしくレーシック治療を考えるようになりました。50代になっているのにレーシック治療は無駄だという人もいますし、近眼も強(視力を忘れてしまったのですが、コンタクトの度数は右-4.75、左-6.00です。老眼の検査はしていません)レーシック治療をしても効果がそんなにないのではと思い、迷っています。現在は日常はめがね、スポーツをしているときにはコンタクトを使用していますが、コンタクトは非常に目が疲れ、長時間使うと目の後ろ側が痛くなります。

> このような状態ですが、レーシック治療が可能でしょうか。また、近眼と老眼両方の治療は可能でしょうか。自分としては近眼だけでも治療できれば、近くを見るときには老眼鏡をかけてもいいと思っています。ただ、仕事でPC画面を見るのでその点が気にかかりますが。長いメールになり申し訳ございません。ご回答よろしくお願いいたします。

@『近くを見るときには老眼鏡をかけてもいいと思っています。』というのであれば、レーシックは可能です.確かに老眼年齢ですので,遠くが見えるように手術したら近くが見づらかったり、疲れやすくなったりします。あえて、弱めに度を合わせることもいたします。患者さん一人一人の年齢や生活環境に合わせて矯正量を決めるのが当院のポリシーです。遠くがバッチリ見えれば良いというものではありません.よろしければ一度、お電話で適応検査を予約入れていただきご来院ください.

***************************************************

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com/

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

**********************************************

カレンダー
2021年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.