ブログ相談室

瞼裂斑手術に先立って

2011年10月5日

こちらからのメールで申し訳ありません。10月6日に手術を予約しております●●です。無理に時間を作ってくださり本当にありがとうございました。キレイな白目をゲットできると思うと楽しみです。

手術は若干、コワイんですが(笑)

瞼裂斑の手術についていろいろと調べていた中で少し疑問に感じたことがあり、手術前に伺いたいと思いメールをさせていただいた次第です。

瞼裂斑の手術は大体が、キレイな角膜を移植する、というものらしいですが、先生に先日説明いただいた手術の方法ですと、切って引っ張って縫い合わせる、と。。。手術後突っ張ったり数年後にまた切れてしまったりはしないのか、と少し不安になってしまいました。

先生ですから間違いなく大丈夫であることは信じているのですが。

お忙しい中、メールしてしまいまして申し訳ありません。

iPhoneから送信

●●様:

以下@でお答えします。

@切除しなくてはならない範囲が大きな場合は、寄せることが難しくなるため、他の部分からとってきた結膜を移植する場合もあります。例えば、翼状片という疾患の場合などは当院では必ず移植します。しかし瞼裂斑の場合、それほど大きなものは稀ですし、特にあなたの場合は小さい方です。仮にたとえ、ツッパリが強く術後早期に縫合糸が外れても再逢着は極めて容易ですし、まして、

結膜細胞が増殖して傷は自然に正常な細胞で埋め尽くされているので、仮に縫合しなくても問題になることはありません。数年後にまた切れるということも絶対にありえません。

私を信じて安心してください。

明日、瞼裂斑の手術をお願いしております●●です。

お忙しい中、メールの返信をくださり本当にありがとうございました。

手術は今からかなりドキドキしていますが先生からのメールで少し安心できました。

明日はどうぞよろしくお願い致します。

キレイな白目の為に頑張ります

カレンダー
2021年3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.