ブログ相談室

レーシックとフェイキックIOLの適応

2007年2月11日

●●●●様:以下@でお答えします.

> 都道府県 = 茨城県

> 主なご住所 = ●●●市

> email = ●●●●●●●●

> 性別 = 女性

> 年代1 = 30代前半

>内容 = 二年半ほど前、他院で検査をうけたときに、角膜の厚さが薄い割に近視が強く(0.02-0.03)、PRKタイプのものでぎりぎり削っても0.1程度にしか回復しないのでやめたほうがよいと言われました。数年経って、技術が進歩したり、角膜の厚さがかわっていたり(ありうるのかどうかわかりませんが)して、もし望みがあるなら、やはり矯正したいと考えています。どのような治療法の可能性が考えられますでしょうか。多少遠方なので、アドバイスいただいてから適正検査を受けたいと思い相談させていただきました。よろしくお願いします。

@まず,角膜の厚さが増すということはあまりないと思います.また,当院のエキシマレーザーにはTissue Saving LASIKというノモグラムが登場し,切除量を節約する方法が追加されました.しかし,この方法にてもせいぜい10~20%の切除の節約なので,果たしてこれが●●様に有効か否かは検査をしてみなければわかりません.また,角膜を切除するLASIKやepi-LASIK, PRK等はその角膜を切除する量に限界がありますから,どうしても手術ができない人の場合には,眼内に人工のレンズを入れるフェイキックIOLという方法があります.それも含め検査が可能ですので,当院HPをしっかり読んで術前検査,または適応検査を予約してください.吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10

風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092

FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

カレンダー
2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.