ブログ相談室

不同視の方からのレーシックのご相談

2007年5月11日

●●●●様:御返事遅れすいませんでした.以下@でお答えします.

お名前 = ●●●●

都道府県 = 埼玉県

性別 = 女性

年代 = 40代後半

内容 = 私は、左右の視力が極端に違い、メガネでは強制不可能ですといつも言われています。コンタクトにするのながいやで、そのままにしていましたが、老眼になって遠くも近くもみえなくなってしまいました。そこで、レーシック治療で近視を治療して、老眼だけにしたいと思っていますが、その場合は片目だけでいいのでしょうか。右が近視で0.01位、左が乱視で0.4位だと思います。今は、とても視界が悪く、よく頭痛に悩まされるようになっています。もしよろしければ、どうすれば良いか教えてください。

@「左右の視力が極端に違い、メガネでは矯正不可能」とのことですが,この状態を「不同視」といいます.この不同視はまさにレーシックの良い対象といえます.レーシックは乱視も治せますので,比較的良く見える左目も手術をして乱視を治し,もう少し遠方が見えるようにしたほうが良いかもしれません.左右の見え方のバランスをよくすることは重要です.年齢が40歳代後半ですから1.2や1.5に合わせると近くにほとんど焦点が合わなくなるでしょうから,0.7~1.0までの間くらいに合わせて,かつまだ近方が見づらい場合には老眼鏡をかけるといったことが現実的かと思います.年齢的なことや近視の強さによっては白内障や眼底に異常がある場合も考えられますので,見え方のシュミレーションに加えて眼科全般的にしっかり診察を行う必要があります.吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092,FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

カレンダー
2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.