テッシュセービング・レーシック

ティシュー・セービングレーシック Tissue-saving LASIK

ティシュー・セービングレーシックとは

ティシューとは「組織」という意味で、ここでは角膜組織を表します。
ティシュー・セービングレーシックは、その名の通り、「角膜組織切除量の軽減効果」を持ち、従来のLASIKに比べ最大で30%の角膜切除量を軽減できます。

ウェーブ・フロントレーシックとは、高次収差(個々の眼球がもつ個体差によって生じる光学的なズレ)を検出する波面収差解析技術を屈折矯正手術に応用したものです。これは「天体望遠鏡」にも用いられている高度なテクノロジーです。

角膜切除深度グラフ
  • 従来のLASIKでは矯正が困難な強度の近視や乱視の方、角膜が薄い方に適応を拡大します。
  • 角膜の厚みに充分な余裕を持って手術を行えることでリスクが軽減します。
  • 従来のLASIKよりもレーザー照射径を広く設定できるため、ハロやグレアを軽減できます。

当院が所有する「テクノラス217Z/100」は、2mmの点でのフライングスポット照射により、他のレーザー装置に比べ角膜切除量を抑えて矯正が可能です。

さらに、ノモグラムの改良により、2mmと1mmのスポット照射を組み合わせることで、より効率的な照射を行える「ティッシュ・セービング照射」が可能になり、従来の照射方法と比較して、最大で30%の角膜切除量が軽減できます。

これにより、従来のLASIKでは矯正が困難であった、強度近視・乱視、また角膜が薄い方にも適応が広がりました。

診療時間

午前10:00 ~13:00
午後15:00 ~18:30
※朝の受付は、午前9:30 から

初めてコンタクトレンズの処方を
お受けになる方の受付時間

午前9:30〜12:30
午後14:30〜18:00

メガネ処方ご希望の患者様へ

メガネの検査及び眼鏡処方箋発行は月曜・火曜・金曜の3日間です。祝祭日はメガネ処方はお休みです。

詳しくはこちらから

休診日

水曜日
※土、日、祝日も平常通り診療

院長の診察や手術日程などについては、こちらから 月別一般外来担当医表

アクセス

JR 御徒町駅から徒歩3 分
地下鉄 上野広小路駅から徒歩1分

詳しくはこちらから
ブログ相談室
メール相談はこちら
初診の患者様診療受付時間月別担当医表
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 医療社団法人 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2021 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.